新住協関西支部 研修会


今日の朝一番は、キッチンパネルの貼り替えです。
1月にも一件あったのですが、メーカーさんの製品不良。

018_convert_20170209193511.jpg

前回と同じ時期に新築した物件で
メーカー責任にて貼り替えをしています。

お昼からは先週にも伺ったTOTO大阪ショールムームにて
2017年 新住協関西支部 第1回研修会に参加。

011_convert_20170209193822.jpg

写真では床の材質によって温度が違う様子を映しています。
左は絨毯で右はフローリングだそうです。

同じ木材でも柔らかい木材は木材中にたくさんの空気を含ことが出来る為、
あたたかく足の裏へのあたりが優しく感じられるそうです。

また硬いフローリングほど、冷たく感じられるのはこの為です。再認識です。
他に失敗した事例など聞いて勉強になりました。  

 
スポンサーサイト

断熱勉強会


今日は午後から新住協関西の勉強会に参加してきました。
4社の工務店さんが建築した高気密高断熱の建物について写真などを使って発表。

わたくし自身、本だけの勉強となっているので(最近はできていませんが)
皆様の現場での実体験を聞くと大変勉強になります。

と同時に再度、気を引き締めて勉強していかないといけません。

012_convert_20161201201821.jpg



勉強会も終わり、梅田に来ているついでに今年最後の運試し

015_convert_20161201201933.jpg
(大阪駅前第4ビル前)

当たりますように  

耐震診断研修


今日から始まる屋根塗装塗り替えの指示をして

006_convert_20161117202001.jpg

急いで大阪市内へ 

耐震診断書を作成するにあたり使用しているソフトメーカーが
無料で開催している研修を受ける為です。

第1部は耐震診断書・補強プラン作成研修
日頃使用しているもののアイコン等の使い方をあらためて勉強です。

第2部は設計・施工技術者研修
診断書を作成するソフトメーカーが耐震補強材も
扱っていますので、それについての施工方法などの説明。

第3部はTRCダンパーの設計・施工技術者研修

016_convert_20161117202025.jpg

研修を受けていてこれからは耐震補強したうえで
地震エネルギーを吸収するダンパーも取り入れて
いかなければならないと思った次第です。

これからは耐震設計の段階で制震案もお客様に提案していこう! 





 

いよいよ本番 !


昨日は、京阪神木造住宅協議会の研修会に参加してきました。

今回はいつもとは違って「職人起業塾」第1期卒業生として
この半年間でどう変わったか発表しなくてはいけなく

前日から何を話そうかいろいろ考えながら緊張していました。
でも以前より緊張の度合いが少なかったと思います。

職人起業塾でも講義のたび、人前で話すことがほとんどでしたので
少し慣れた感も・・・ とりあえず任務を終え本題の研修開始

284_convert_20161112151439.jpg

職人起業塾の講義で聞いていた内容でしたがほとんど忘れていました。 
やっぱり繰り返し学ばないといけません。

研修の後は懇親会も参加させて頂いて、京都より終電で帰宅
今日は少し二日酔い気味ですが、明日は「六甲全山縦走」です。

始発で須磨に向かいますので今日は仕事を早く終わらせて
明日に備えないといけません。 頑張ってきます。 

 

2級電磁波測定士講座


昨日は午後から2級電磁波測定士の講座を受けました。

225_convert_20161015174535.jpg

電磁波は目に見えないもので、自分自身も特に影響がないので、
今までは何とも思っていなかったのですが講座を聞いて

対策を講じて行かなければならないことが十二分にわかりました。
当たり前ですが昔の家と今の家では電気配線の長さが全然違います。

228_convert_20161015175022.jpg

昔の家では150mくらいでしたが今では1000mくらいまでに増えているそうです。
その電気配線から電磁波が出ています。

海外ではアース線がついている3口コンセント(プラグ)が当たり前で、
日本ではまだまだ専用コンセント以外はアースがついていない2口コンセントです。

電磁波について、人体への影響がまだ科学的に正確に解明されていない状況ですが
健康など問題が発生する前に対策を講じた方がいいと思いました。

住宅に関わるものとして「くらしの安心」を提供する役割を担えればと思います。