FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

KENTEN


昨日はお昼からインテックス大阪で開催されていたKENTEN(建築材料・住宅設備総合展)に行ってきました。

13時~16時に「工務店がクレームを回避するために技術研究所をもつ方法」というセミナーに参加。

講演が「耐久性」「構造」「温熱環境」と3項目に分かれていました。

小さな工務店では技術研究所は当然持つことなど不可能です。

研究所ではクレーム、事故を起こさないように研究していることが中心だとか・・・!?

それなら研究所を持たなくても小さな工務店でも対策を講じれば減らして行くことが出来そうです。

3項目とも参加したのですが、一番印象に残ったには「構造」でした。

RC造(鉄筋コンクリート造)やS造(鉄骨造)は構造計算しなければならないのに

最近、ベタ基礎が多いのに木造の基礎は構造計算をしていないという事でした。

確かに、私も当たり前に設計施工基準があるのでその仕様さえ守っていれば大丈夫だと思っていました。

ベタ基礎配筋要領

基準はあくまでも「最低許容基準」だという事。

そして、「耐震等級」の話になりここでも耐震等級3~1がありますが・・・と

閠宣怫遲臥エ喟convert_20180609164553

2年前の熊本地震では震度7が2度観測され、旧耐震基準で建てられた木造戸建ての被害が多く、

現行基準(H12年新耐震基準)で建てられた戸建てであっても複数、全壊・倒壊があったと報告されています。

そんな状況で耐震等級3で建てられた家はほぼ被害がなかったことを考えれば、これからは耐震等級3を

当たり前にしていかないといけないと思いました。

(耐震等級3にすると建物もそうですが、基礎も構造計算をします。)



セミナーを聞いた後は残り1時間半。

046_convert_20180609114035.jpg

041_convert_20180609113732.jpg

045_convert_20180609113943.jpg

出展しているブースを只々歩いて見回っているだけで終了の時刻になってしまいました。





 
スポンサーサイト

気を引き締め直して・・・


昨日は、午前中新築物件の基礎立ち上がり型枠などの確認をして、
昼からは、京阪神木造住宅協議会の研修会に参加してきました。
今回は、新住協関西支部との共催で前半のセミナーは「夏の高断熱住宅」についてのお話。

023_convert_20170617194739.jpg


後半は、「小さな工務店の経営力向上セミナー」です。
新潟No.1工務店の相模代表からのお話でした。

025_convert_20170617194810.jpg

伝え方は違えど、内容は去年「職人起業塾」で習った事と同じでした。
仕事が忙しくなると、自分で決めたことを出来なくなってきたり、甘えが出てきます。

やっぱり出来る人は、色々自分磨きの為に時間を使っています。
改めて気を引き締めていかないといけないと思いました。

あと、このセミナーに職人起業塾で一緒に勉強した塾生が私を含めて、
6人もいたことに驚きました。 


 

新住協関西支部 研修会


今日の朝一番は、キッチンパネルの貼り替えです。
1月にも一件あったのですが、メーカーさんの製品不良。

018_convert_20170209193511.jpg

前回と同じ時期に新築した物件で
メーカー責任にて貼り替えをしています。

お昼からは先週にも伺ったTOTO大阪ショールムームにて
2017年 新住協関西支部 第1回研修会に参加。

011_convert_20170209193822.jpg

写真では床の材質によって温度が違う様子を映しています。
左は絨毯で右はフローリングだそうです。

同じ木材でも柔らかい木材は木材中にたくさんの空気を含ことが出来る為、
あたたかく足の裏へのあたりが優しく感じられるそうです。

また硬いフローリングほど、冷たく感じられるのはこの為です。再認識です。
他に失敗した事例など聞いて勉強になりました。  

 

断熱勉強会


今日は午後から新住協関西の勉強会に参加してきました。
4社の工務店さんが建築した高気密高断熱の建物について写真などを使って発表。

わたくし自身、本だけの勉強となっているので(最近はできていませんが)
皆様の現場での実体験を聞くと大変勉強になります。

と同時に再度、気を引き締めて勉強していかないといけません。

012_convert_20161201201821.jpg



勉強会も終わり、梅田に来ているついでに今年最後の運試し

015_convert_20161201201933.jpg
(大阪駅前第4ビル前)

当たりますように  

耐震診断研修


今日から始まる屋根塗装塗り替えの指示をして

006_convert_20161117202001.jpg

急いで大阪市内へ 

耐震診断書を作成するにあたり使用しているソフトメーカーが
無料で開催している研修を受ける為です。

第1部は耐震診断書・補強プラン作成研修
日頃使用しているもののアイコン等の使い方をあらためて勉強です。

第2部は設計・施工技術者研修
診断書を作成するソフトメーカーが耐震補強材も
扱っていますので、それについての施工方法などの説明。

第3部はTRCダンパーの設計・施工技術者研修

016_convert_20161117202025.jpg

研修を受けていてこれからは耐震補強したうえで
地震エネルギーを吸収するダンパーも取り入れて
いかなければならないと思った次第です。

これからは耐震設計の段階で制震案もお客様に提案していこう! 





 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。