FC2ブログ

汚水配管新設工事


7月中旬に来社されて相談を受けました。

隣のお宅を解体して分かったことが、汚水配管が共用していたこと。

一般の人は汚水桝がどうなっているかなど気にしませんよね。

でお客様が気になっていることが、隣が新築するときどうなるのでしょうかと

いうことでした。

DSCF6562.jpg

取り急ぎ汚水配管、桝をどうするか不動産屋と話し合ってキッチリ方向性を決めて

覚書などを交わしてくださいとアドバイス。

何回か相談を受けながら、盆前に敷地内で汚水配管をすることに決定。

その時点で隣の基礎工事が9月2日から着工するから8月中にしてくださいと

身勝手な要求をされたそうです。すぐ水道業者に連絡をいれ、現地確認してもらいことの

経緯を説明、何とか昨日と今日で段取りしてもらいました。

DSCF7049.jpg

昨日はあいにくの雨でしたが、日にちがないので雨の中頑張ってもらい、

今日の予報では雨でしたが何とか天気ももち、土を戻して何とか間に合うことができました。

 
スポンサーサイト



棟上げ


昨日は1日目の建て方

盆明け23日の大安に向けて工程を組んでいたのですが

応援の大工さんが集まらないということと

引き込みの電線が真上にあるため作業効率が悪くなると思い

前日から急遽作業することにしました。

DSCF6986_convert_20190823111401.jpg

昨日は熱い中、頑張ってくれある程度進みました。


私はというと建物と電線との隙間が1m未満で材料をそのすき間をぬってレッカーのブームが行き交いますので

電線に接触しないか心配でほとんど私は電線とブームを見ていました。


今日はあいにくの雨。安全を考え作業は中止にしました。

 

ちょこっとリノベーション


盆前に入居は9月1日ですがお願いしますと言われ

急遽、忙しい中 各業者にお願いして施工してもらっています。

昔のマンションで洗濯機の排水を浴室に流すタイプになっています。

洗面器も小さく、手狭いのでリノベーション。

9479.jpg

収納をつぶして、ここに巾75cmの洗面化粧台を設置

9472.jpg

既存の場所には洗濯パンだけを設置します。

排水の高さ計画をキッチリしないと納まりませんの要注意です。

 

台風養生

台風が大阪からそれるかどうか盆休みに入る前は微妙だったので

足場のシートはそのままの状態で休みに入っていました。

が影響が有りそうで心配なのでやっぱりシートをメクリにきました。

普通だったら上の部分のみシートをメクルのですが

線路沿いということもあり、念のため全体的にシートを

足場にたばね縛っています。作業が終わる頃、左官屋さんも

作業が終了しましたので今日は予定完了です。 ご安全に!

DSCF6893_convert_20190814125029.jpg
 

増築工事(ほぼ新築工事)



基礎工事は7月下旬に終わっていて、いい養生になりました。

この時期どこの大工さんも忙しく、

盆明けようやく棟上げができる状況が整いました。

DSCF6584_convert_20190809185850.jpg


 

見積依頼


チラシを見て頂いたお客様から見積依頼を弊社事務所に来て頂いて

お話をを聞いてから色々あって3ヶ月くらい経ちましたが今日現場調査に

伺いました。

ほとんど内部のリフォームでしたが、去年の地震・台風で屋根が気になるので

ついでに屋根点検。ぎっくり腰を発生してから2週間経ちますが咳き込んでも

まだ痛い状態。なにか無理をして直りが遅いのか?と思いながら屋根上に。

DSCF6857_convert_20190806220038.jpg

腰が痛いと動きも不自然で、何かいつもと違い少し不安も抱えつつ点検。

なんとか現調および点検終了。その後は8月になってしまいましたが7月号の

チラシを配布。腰のサポーターをしていてても歩き続けるとやっぱり負担があり

腰が痛くなってきました。腰は動作するのに大事な部分だと改めて思いました。

 

外壁塗装塗り替え+α


最初は外壁塗り替え工事だけの予定でしたが

木製雨戸がだいぶ傷んでいたので足場を架けるている

ので取替したほうがいいですよと提案。

10か所あるので金額は上がってしまいますが了承して頂きました。

DSCF6734_convert_20190805181640.jpg

(今回外壁塗装だけして何年後かに雨戸がダメになって、雨戸だけの為に足場を架けるって非常にもったいない。)

若手社員で雨戸解体撤去からフェルト・ラス張りまで暑い中頑張ってもらってます。

ここから先は左官屋さんにバトンタッチです。


 

階段手摺補強


8月3日土曜日

階段手摺のブラケットの一部が効いてない状態の修繕です。

現状ブラケットのついている位置を調べてみると全く補強下地がない状態でした。

今まで壁下地でもっていたのが不思議なくらいです。間柱にビスを狙って打ち込んでいた

見たいでした。1つのブラケットに3ヶ所ビスを打つのですがかろうじて1本効く程度。

DSCF6728_convert_20190803183319.jpg

調べた結果、緑のテープがある位置が間柱のある位置でした。

補強下地を化粧で取り付け既存の手すりを取り付けしていきます。

DSCF6730_convert_20190803184527.jpg

既存のビスの穴も隠れ、手すりもしっかり取り付けでき安全になりました。